墨出し工事


墨出し工事は、建設現場に実寸の設計図を作成する作業です。また、その建設工事に関わる全ての専門の協力会社が基準墨を使用するために最も重要となります。

 超高層ビルや複雑な構造物を造り上げるには、高精度の   基準となる設計図通りの正しい位置出しが必要となり、熟練の技術者が不可欠となります。

 

 名称 

作業内容

1 

 遺 方 水 盛

建物位置だし・敷地境界測定・通り芯の逃げ杭

杭 芯 出 し 

杭の位置だし(先端にリボンをつけ目立つようにする)

仮説 墨出し

根きり幅床付けレベル出し・山留め用墨出し

捨てコン墨出し

通り芯、柱、地中梁、フーチングなどの位置だし

 基準親墨出し 

各階コンクリート打説後に基準になる墨を打つ

鉄筋アンカーボルト 

鉄筋ボルト芯出し・鉄筋四方にレベル出し、テープで巻く

鉄筋歪直し

鉄筋の垂直度をトランシット器で測定する

8 

仕上げ基準墨出し

陸墨(レベル)1M上がり縦墨一通り芯、柱芯、壁芯などの

返り墨開口部芯墨(SD,AWなどの取り付け用隅階段仕上げ墨

 仕上げ細部小墨出し

→割付用墨出し

 

→間仕切り墨出し

 

→金物取付墨 

 

 

・・・・・石割墨・タイル割墨・目地割付墨・天井割墨

 

・・・・・軟鉄間仕切り墨・ALC幅墨・ブロック間

・・・・・仕切り墨・便所内スクリーン位置

・・・・・手すり取付用墨・ドレン位置墨・PC取付用墨

 

10

外墨出し

建物外の墨出し

11 

その他

建物内外の墨出し一式


<その他建築業務>

  →構造物実測・調査
 
  →耐震・リニューアル墨出し工事

 

  →各種図面作成